フィンペシアとミノキシジルってどう違うの?

「フィンペシア」は「フィナステリド」が主成分の男性型脱毛症、AGAの治療薬です。
「フィナステリド」は日本皮膚科学会による「男性型脱毛症治療のガイドライン」にも掲載されています。

このガイドラインよると、育毛に効果がある「A 行うよう強く勧められる」という評価なのは「ミノキシジルの外用」と「フィナステリドの内服」の二つだけなんです。ということは、多くの人に一定の効果が認められている、ということなんですね。

両者の分かりやすい違いといえば、「ミノキシジル」は外用、「フィナステリド」は内服で推奨されている、という点でしょうか。
「フィナステリド」の作用については、「プロペシアとミノキシジルってどう違うの?」のページをご覧ください。(リンク)

「フィナステリドの内服」の主なものに「プロペシア」と「フィンペシア」があります。
「プロペシア」は、「フィナステリド」配合の男性型脱毛症治療薬として初めて認められた内服薬です。「フィンペシア」はそれを模倣して作られた薬で、成分は「プロペシア」とまったく同じなのにとても安く手に入れられるということで、とても人気があるようです。

ただ、日本では認可れされていない薬なので、通販業者などを通じて、個人輸入しないと手に入れられないようです。副作用についての報告もあるようですので、初めての方はAGA治療の病院などで「プロペシア」を処方してもらうと安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です