フィンペシアとミノキシジルの併用で、髪の毛を取り戻そう

薄毛、抜け毛に悩んでいらっしゃる方でしたら、「フィナステリド」や「ミノキシジル」という名前を聞いたことがある方も多いでしょう。

「フィナステリド」や「ミノキシジル」は、日本皮膚科学会による「男性型脱毛症治療のガイドライン」でも、効果のある治療法として推奨されています。

それぞれ、どのような作用があるかを見ていきましょう。

内服薬「フィンペシア」の成分である「フィナステリド」は、男性ホルモンによる脱毛の作用を抑止するものです。

「フィンペシア」はあくまで脱毛を抑止する薬で発毛に作用する薬ではないようですが、臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛が認められているようです。

外用薬「リアップ」の成分である「ミノキシジル」については、はっきりとした発毛のメカニズムは分かっていませんが、髪の毛の元となる毛母細胞に直接なんらかの働きかけが行われていることは分かっています。

それぞれの薬が作用する部分が異なるので「プロペシア」と「ミノキシジル」は併用しても大丈夫です。効果が認められている発毛剤2種類が同時に使える、というのは、心強いですね!

「リアップ」はドラッグストアで購入可能ですが、「フィンペシア」はドラッグストアでは買えませんので、AGA治療を行っているクリニック等で処方してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です