フィンペシアとミノキシジルの副作用は?

抜け毛が増えてきた…
薄毛が気になる…
男性型脱毛症(AGA)と疑われる症状で悩んでいる方の強い味方となってくれる、2つの成分があります。
内服薬フィンペシアなどに含まれる「フィナステリド」と、外用薬リアップに含まれる「ミノキシジル」です。
発毛薬として認められ、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインにおいても、薦められています。

薬として認められた効果のある成分、ということは、なんらかの副作用はあるはず…ということで、副作用について調べてみました。

「ミノキシジル」に関しては、「リアップ」の「使用上の注意」によると
★頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
★頭痛、気が遠くなる、めまい
★胸の痛み、心拍が速くなる
★原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
がみられると、副作用の可能性がある、となっています。

「ミノキシジル」は、もともと血圧降下剤である内服薬「ロニテン」に含まれる成分です。「ロニテン」の副作用として、全身の多毛症や発毛の増加がみられたため、改めて外用薬の発毛剤として開発されました。
なので、副作用としては、血圧を下げる作用(血管拡張作用)があります。ただし、外用薬に使う程度では全身に作用は及ばないため、「ミノキシジル」と明らかな因果関係のある重篤な副作用の報告はありません。内服薬の「ミノキシジルタブレット」は「ロニテン」のジェネリック医薬品であるため、血圧降下剤としてしか認可されていません。発毛効果を狙って服用するにはリスクが高い薬です。

「フィナステリド」は、前立腺肥大の治療薬として認可された成分です。その後の研究で、男性型脱毛症(AGA)に毛髪の成長が確認できたので、AGA治療薬としても認可されました。
副作用としては、肝機能障害、食欲不振、勃起不全、性欲減退、精子の減少があるようです。
もともと前立腺の薬、と考えると、副作用の理解がしやすいと思います。
女性は触るのも禁止されているようですので、服用はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です