ミノキシジルのジェネリック医薬品は存在する?

薄毛、抜け毛を気にしている方でしたら、ミノキシジルの発毛作用が医学的に認められているのはご存知のことでしょう。
ミノキシジルが配合された薬には、外用薬と内服薬の2種類があります。

外用薬には、育毛剤でおなじみの「リアップ」があります。
内服薬には、日本では認可されていませんが、高血圧治療薬、降圧剤の「ロニテン」があります。

育毛剤なのに、降圧剤??と驚かれる方もいらっしゃるでしょう。
ミノキシジルは、もともと高血圧治療のために作られた「ロニテン」という内服薬の服用者に、多毛や発毛の副作用がみられたことから、改めて発毛作用のある外用薬として研究が進められました。内服薬は降圧剤、外用薬は育毛剤・発毛剤としてアメリカで認可されています。アメリカでも、内服薬は育毛剤としては認可されていませんので、注意が必要ですね。

そこで、改めて、ミノキシジルのジェネリック医薬品についてみてみましょう。
日本では、ミノキシジル配合の薬として認可されているものは、外用薬である「リアップ」のみとなっています。
内服薬は、日本では認可されていません。
つまり、日本では、ミノキシジルは外用薬の「リアップ」のみで、ジェネリック医薬品は存在しない、ということになります。

一方、海外に目を向けてみると、外用薬、内服薬ともにジェネリック医薬品は存在しています。
外用薬の先発医薬品「ロゲイン」のジェネリック医薬品としては「カークランド」、内服薬の先発医薬品「ロゲイン」のジェネリック医薬品としては「ミノキシジルタブレット」などが主なものとして挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です