ミノキシジルの副作用とは

ミノキシジル外用薬は、日本皮膚科学会による「男性型脱毛症治療のガイドライン」でも「推奨度A 行うよう強く勧められる」に分類されています。ミノキシジルは薬として認可されているものなので、その濃度が高いものほど発毛効果が期待できる反面、薬ですので副作用についても懸念されますよね。

ミノキシジルは、高血圧の治療薬である血圧降下剤の副作用として発毛効果があることから開発された成分なので、逆に考えると、発毛効果を期待してミノキシジルを使うと、血圧が下がる、という副作用は考えられます。ただ、それは、内服薬の話。外用薬で、頭皮に少しなじませる程度、そのうえ、ドラッグストアで買えるような低濃度のミノキシジルについては、健康な人が「ミノキシジル」を使うことだけで低血圧に陥って重大な副作用が起こる、といった報告はされていないようです。
外用薬のミノキシジルについては、低血圧による重大な副作用よりも、塗布した後のかゆみや炎症の方が起こる可能性の方が高いです。皮膚に炎症がみられましたら、使用を中止して病院で診てもらいましょう。

個人輸入などで、日本では市販薬として認可されていない高濃度ミノキシジルの育毛剤や内服薬も購入できるようですが、副作用のリスクも考えて商品を選びましょう。

薄毛抜け毛の悩みは切実で、より効果が期待できる商品を選びたくなると思いますが、体を壊してしまっては元も子もありません。
安全な市販薬を使う、または、AGA治療を行う病院で処方してもらってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です