ミノキシジルは内服してもよい?

薄毛、抜け毛に効果があることが医学的に実証されているミノキシジルですが、外用薬で効果実感できたので、より効果があると言われている内服を試したいとお考えの方も多いことでしょう。

ミノキシジルが配合された薬には、外用薬と内服薬の2種類があります。

外用薬には、育毛剤でおなじみの「リアップ」があります。

内服薬には、日本では認可されていませんが、高血圧治療薬、降圧剤の「ロニテン」があります。

「ロニテン」は、降圧剤として認可されましたが、全身の多毛症や毛髪の増加などの副作用が多くみられることが分かったため、発毛効果を狙って、ミノキシジルの内服薬を処方する病院があったり、個人輸入等で試される方もいるようです。
アメリカでは、内服薬は降圧剤、外用薬は育毛剤・発毛剤として認可されていて、内服薬は育毛剤としては認可されていません。

ミノキシジルは使用をやめると、効果がなくなってもとに戻ってしまいます。血圧が高くもないのに高血圧の治療薬である降圧剤をずっと内服し続けることを考えると、安易に手を出してはいけない薬なのかもしれません。発毛効果が認められていても、健康な人が服用した場合の安全性が確認されていない内服薬を服用することは危険を伴いますので、内服薬は使用されない方がよいでしょう。

もちろん、外用薬は内服用には作られていませんので、外用薬を飲んではいけませんよ。外用薬は内服薬よりミノキシジルの配合量が多いため、外用薬を飲用すると重篤な副作用が現れる危険性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です