ミノキシジルを女性が使ったときの副作用とは

ミノキシジルは、女性のAGA(男性型脱毛症)にも効果があることがわかっています。
日本では、ミノキシジル外用薬として「リアップリジェンヌ」が発売されています。

ミノキシジルは医薬品の成分であるため、副作用が起こる可能性も考えられます。
ミノキシジルを女性が使った場合にみられる、副作用についてみてみましょう。

「リアップリジェンヌ」のサイトでは、
皮膚への発現:頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系への発現:頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器への発現:胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系への発現:原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
が挙げられています。

ミノキシジルは、もともと高血圧治療薬の血圧降下剤「ロニテン」に含まれており、その副作用として多毛症や頭髪の増加などがみられたことから、あたらめて発毛剤として開発されました。
服用すると、全身に症状が出てしまう恐れがあるため、毛髪にピンポイントに使用できる外用薬となりました。

上記のうち、皮膚に見られる副作用は、ミノキシジルは固まりやすい性質があり、ほかの液体に混ぜて浸透しやすくしているため、ミノキシジル以外の成分に反応してしまう可能性もあります。ほかの育毛剤、ヘアケア剤、ヘアスタイリング剤などで皮膚がかぶれたり、かゆみが出たことがある方はご注意ください。
それ以外の症状は、ミノキシジルの血管拡張作用によってみられる可能性がある副作用となっています。
 
日本で市販されているミノキシジルは、外用の薬であるので、重篤な副作用の報告はありませんが、使用の際は用法用量を守って使用しましょう。上記のような副作用が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です