ミノキシジルタブレットは副作用に注意

発毛薬として認可されている「ミノキシジル」の外用薬ですが、「ミノキシジル」に内服薬があることをご存知でしょうか?

外用薬で効果があるんだから、内服ならもっと効果が期待できるはず…とお思いの方も多いでしょう。
ミノキシジルの内服薬にあたる「ミノキシジルタブレット」の副作用について、見ていきましょう。

「リアップ」に含まれる発毛成分、ミノキシジルは、そもそもは高血圧治療の内服薬「ロニテン」の成分としてアメリカで認可されたものでした。「ロニテン」の服用者に、発毛効果や全身の多毛症などの毛が生える副作用が起こったため、その作用に着眼して作られたのが外用のミノキシジルです。そして、「ミノキシジルタブレット」は内服薬「ロニテン」のジェネリック医薬品になります。

外用薬は発毛剤として、内服薬は血圧降下剤としてアメリカで認可されており(内服薬は日本では未承認です)、発毛剤としての内服薬は認可されていません。

なので、ミノキシジルの内服薬である「ミノキシジルタブレット」の副作用は大きく分けて二つ考えられます。
一つは、「ロニテン」の副作用と同じく「多毛症」です。生えてほしいところよりも、濃くなってほしくない毛がフサフサになる…ということも考えられます。

もう一つは、「ロニテン」が血圧降下剤であるということを逆に考えると、血圧が正常な人も使用すれば血圧が下がり、低血圧によって引き起こされる副作用が出る可能性があります。

発毛に効果はあるけど、健康な人の血圧が下がっていいのか…と考えると、ちょっと怖くなりますよね。体質によっては重大な副作用が起こる可能性が否定できませんので、個人の判断での使用はオススメしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です