ミノキシジルタブレットは最強の育毛薬?!

塗るタイプの外用ミノキシジルが、育毛に対して一定の効果があることは、アメリカでも日本でも認められています。
そのミノキシジルの内服薬、つまり、飲み薬が「ミノキシジルタブレット」なのです。

そもそも、ミノキシジルは、高血圧治療薬として使用されていた内服薬「ロニテン」に起こった、発毛効果や全身の多毛症などの毛が生える副作用に着眼して作られた薬です。そのジェネリック医薬品が「ミノキシジルタブレット」なので、ミノキシジルの内服薬に発毛効果がある…というのは分かりますよね。

アメリカではミノキシジル内服薬の「ミノキシジルタブレット」は高血圧治療薬として認可されています。日本では、ミノキシジルの市販品は、外用薬である「リアップ」シリーズのみで、内服薬の「ミノキシジルタブレット」は市販されていません。AGA治療を行う医療機関などでは、必要に応じて処方されるようです。

外用薬と内服薬の違いは何でしょうか?

外用薬は毛を生やしたい部分にピンポイントに効果が期待できる一方、効果を期待したい毛穴に、ちゃんとミノキシジルを浸透させないと効果が得られない、という特徴があります。

一方、内服薬「ミノキシジルタブレット」は、外用薬より内服の方が浸透率が高く、そもそも外用薬に比べて濃度も高いので効果が得られやすくなっているという利点と、濃度が高ければ高いほど副作用のリスクが高くなる、という特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です