ミノキシジルタブレットは発毛効果絶大?!

ミノキシジルとは、高血圧治療薬として使用されていた内服薬「ロニテン」の成分です。「ロニテン」を服用するうちに、発毛や多毛症の副作用が現れたことから、育毛の外用薬としてミノキシジル配合の「ロゲイン」が発売されました。

そして、「ロニテン」のジェネリック医薬品が「ミノキシジルタブレット」です。
「ミノキシジルタブレット」は高血圧治療薬としてアメリカでは販売されています。そして、アメリカでも育毛・発毛目的では認可されていません。

ただ、「ロニテン」に発毛効果がみられたことから、「ミノキシジルタブレット」を発毛に転用しているにすぎないのです。
たしかに、外用薬より内服薬の方が薬の浸透率も高いため発毛効果が得られやすいのですが、ミノキシジルタブレットは日本でも認可されていません。

「ミノキシジルタブレット」は血圧降下剤なので、発毛効果も感じられるかのしれませんが、血圧を下げる作用が強く出る可能性が高いです。
ミノキシジルの濃度が高くなればなるほど、高血圧の治療としての効果である、血圧を下げる作用が起こるので、体への影響が大きくなり、副作用のリスクが増大すると考えられます。

AGA治療を行う医療機関などでは、必要に応じて処方されるようです。医師とよくご相談の上使用されることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です