ミノキシジルタブレット最大量は10mg

ミノキシジルタブレットとは、ミノキシジルが配合されている内服薬です。ミノキシジルは外用薬のイメージが強いですが、そもそもは内服の血圧降下剤「ロニテン」に発毛の副作用があるところから、外用薬も開発された、という経緯があります。

その「ロニテン」のジェネリック医薬品が「ミノキシジルタブレット」なのです。
つまり、「ロニテン」=「ミノキシジルタブレット」ということになります。

現在、ミノキシジルタブレットには、2.5mg、5mg、10mgの3種類があります。
外用薬と同じように高濃度のものほど、確かに効き目は高いのですが、ミノキシジルタブレットの最大濃度である10mgは、「ミノキシジルタブレット」が高血圧の治療薬であるであるため、血圧を下げる作用が強く出る可能性が高いです。自己責任で服用してみるとしても、まずは低濃度のものから試した方が安全です。

もし安全にお試しになりたい場合は、AGA治療を行う医師にご相談の上ご使用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です