ロゲイン5mgの商品

世界で最初に発売されたミノキシジル配合の育毛剤は「ロゲイン」という商品です。「ロゲイン」は高血圧症の治療用にミノキシジルを開発したアップジョン社(現Johnson&Johnson社)によって、発売されました。開発当時、米国では、厳密な臨床試験を経て有用性が確認されないものは、医薬品として認めない方針をFDAが明確に打ち出しており、医薬品としての発毛剤は存在しない状況でした。

そんな中、1988年、「ロゲイン」は発毛剤を名乗る唯一の医薬品として認可されました。

残念ながら「ロゲイン」は、日本では個人輸入でしか手に入れられないようです。
でも、もっと簡単に「ロゲイン」と同じものを手に入れられる方法がありました。
それは、ドラッグストアで購入できる「リアップ」です。

なせなら「リアップ」は、アップジョン社との技術導入契約で生まれた商品だからです。簡単にいうと「リアップ」は「ロゲイン」の日本版なのです。

「ロゲイン」はミノキシジル5mg配合ですので、リアップなら「リアップX5」と同等品ということになります。
ミノキシジルが高濃度の方が発毛効果が高いことは認められていますが、口コミなどを見ると、高濃度のものは、頭皮のベタつきやかゆみなどの副作用が出る人がいらっしゃるようですので、まずは、濃度の低いミノキシジル1mg配合の「リアップ」から始めるといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です