AGA治療にはミノキシジルが効果あり

あなたの脱毛、薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)ではありませんか?

AGAとは、思春期以降に発症する進行型の薄毛です。進行する、ということは、脱毛が起こり、毛が細くなり、髪が薄くなり、ハゲていきます。発症には遺伝的な要素が大きく、薄毛の進行は男性ホルモンと深くかかわりがあります。
AGAの典型的な経過では、生え際から後退が始まり「M字」に、同時に頭頂部の毛髪は薄毛や禿髪となります。
女性にもAGAがみられますが、男性と違って全体的に髪が薄くなります。

長い間、AGAに効果が認められた薬はありませんでしたが、近年になって、AGAに対して効果的な薬が認可され、治療に使われています。その一つに「ミノキシジル」があります。血管拡張効果で血流量をふやし、髪の毛の発生源である毛母細胞に直接働きかける作用があると言われています。「ミノキシジル」は製品名ではなく成分名なので、ミノキシジル配合の製品を探すときにはご注意ください。

なお、日本国内で認可されているミノキシジルの外用薬は、ドラッグストアで購入可能な「リアップ」のみとなっています。
国外を見渡すと、ミノキシジルが初めて配合された「ロゲイン」、ロゲインのジェネリック医薬品にあたるコストコのPB「カークランド」、高濃度の「ポラリス」などが人気があるようです。
AGAの疑いがあるようでしたら、発毛効果が認められているミノキシジルで、髪の悩み解消しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です