ミノキシジルタブレットの服用方法

ミノキシジルタブレットの服用方法についてご紹介したいと思いますが、その前に、ミノキシジルタブレットについて、この薬の成り立ちを見ていきたいと思います。

ミノキシジルは発毛効果が認められた薬の成分ですが、日本で唯一認可されているのは外用薬である「リアップ」のみとなっています。
日本では外用薬として売られているものが、海外では内服薬として存在しているのに疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。
なぜ内服薬と外用薬があるのか、ミノキシジルの歴史を紐解いてみましょう。

時は1979年、高血圧治療薬「ロニテン」がアメリカで発売されましたが、「ロニテン」を服用した患者に、毛髪の増加や全身の多毛症が見られました。当時、有効な発毛剤が存在していなかったのもあり、「ロニテン」の副作用に着目して、発毛薬が開発されました。それが、「リアップ」のもととなる外用薬「ロゲイン」です。
「ミノキシジルタブレット」は「ロニテン」のジェネリック医薬品であり、高血圧治療薬(血圧降下剤)として認可されているものです。発毛薬としては認可されていません。

ただ、ミノキシジルには発毛効果が確かに認められていることから、発毛を外用薬より実感したい方が血圧降下剤の「ミノキシジルタブレット」を発毛目的で服用されている、ということになります。
血圧降下剤として認可されている薬なので、発毛薬としてのミノキシジルタブレットの飲み方は、実ははっきりとは決まっていないようです。
目安として1日1回または2回服用となっているのですが、発毛薬としての臨床実験などはされていませんし、どれくらいの量のミノキシジルで発毛するかというのは、薄毛の進行具合や体質によって大きく変わると考えられますから、発毛の状態や副作用のあらわれ方を注意深く観察しながら、その様子に応じて服用回数やミノキシジルの濃度を決める、というのが、ミノキシジルタブレットの服用方法でもっとも現実的な方法と考えられます。

「ミノキシジルタブレット」は血圧降下剤である、という事実からすると、血圧が下がるなどの副作用が強く表れる可能性があるので、薬の効果があるのかどうか、副作用がどのように出るのかを確かめるためにも最初は低濃度のものを低頻度で試してみてから、調整していくのが安全です。
まずは医師や薬剤師にご相談の上、服用量や飲み方を決めた方がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です