最強の組み合わせ効果絶大の発毛剤、プロペシアとミノキシジルの副作用を知る

男性型脱毛症(AGA)に有効とされる、2つの成分があります。
それは、内服薬「プロペシア」などに含まれる「フィナステリド」と、外用薬「リアップ」に含まれる「ミノキシジル」です。
どちらも発毛薬として認められ、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインにおいても、推奨度が高い治療法です。

育毛効果が認められていますので、「副作用なんて気にしない!今すぐ服用したい!塗布したい!」と気持ちが先走るところですが、ここはぐっとこらえて、副作用についてみていきましょう。

「フィナステリド」は、もともとは前立腺肥大の治療薬として認可された成分です。フィナステリド5mgの前立腺肥大の治療薬「プロスカー」を服用していた患者に、毛髪が増えた、頭髪が生えてきたという副作用の報告があり、改めて、男性型脱毛症(AGA)治療を狙って、フィナステリドを1mgとして臨床試験を行い、AGA治療薬として「プロペシア」が認可されました。
「プロペシア」の添付文書によると、副作用としては、リビドー減退(精力減退)が1~5%未満、勃起機能不全・射精障害・精液量減少が1%未満、頻度不明ですが重篤な副作用の恐れがあるとして肝機能障害が挙げられています。もともと前立腺の薬、と考えると、副作用の理解がしやすいと思います。
なお、勃起機能不全・射精障害に関しては、投薬中止後も症状が改善されないという報告もあるようですから、注意が必要です。

一方「ミノキシジル」の副作用に関しては、「リアップ」の添付文書によると
★頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
★頭痛、気が遠くなる、めまい
★胸の痛み、心拍が速くなる
★原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
がみられると、副作用の可能性がある、となっています。

頭皮の発疹など、頭皮のトラブルに関しては、ミノキシジルそのものが原因の場合と、頭皮に浸透するために使われている薬剤が原因の場合の2つが考えられます。
「ミノキシジル」は、もともと血圧降下剤である内服薬「ロニテン」に含まれる成分です。なので、副作用としては、血圧を下げる作用(血管拡張作用)があります。ただし、外用薬に使う程度では全身に作用は及ばないため、外用薬では「ミノキシジル」と明らかな因果関係のある重篤な副作用の報告はありません。

「プロペシア」を「ミノキシジル」使用したり併用するにしても、ちょっとでも異常を感じたら、医師薬剤師に相談しましょう。
AGA治療で長く付き合っていく薬になりますので、無理や我慢は禁物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です