フィナステリドとミノキシジル の併用が、薄毛を救う!

育毛剤には効果を期待していないし、かと言って、このまま何もしなくて波平みたいなハゲになってしまうのは怖い。
高いお金を払って発毛サロンに通わないと改善しないのでは…と思ったり、人工的に増毛するしかないのか…と気に病んでいる方も多いでしょう。

時代はどんどんと変化して、新しい発見がなされており、今や薄毛抜け毛は薬で改善する時代になっています。

男性にみられる遺伝性の脱毛症で、生え際が後退し頭頂部が薄くなっていく脱毛症は、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。CMなどで「AGAは病院へ」と言っていますよね。

保険が利かない自費診療となりますが、男性型脱毛症の治療を行う病院があります。薄毛治療を考える場合は、自分の脱毛が、男性型脱毛症なのかどうかを知るためにも、まずは病院で検査してもらい、自分に合った薬を処方してもらうのが一番です。

薬の処方については、日本皮膚科学会では男性型脱毛症(AGA)治療のガイドラインを定めていて、「フィナステリド内服薬」と「ミノキシジル外用薬」を最も優先して治療に使うとなっています。AGA治療のために病院に行きAGAであると認められば、まずはこの方向での処方になると考えられます。

「フィナステリド内服」と「ミノキシジル外用」は薄毛脱毛の治療に効果的なんです!
それぞれの薬が、体の中で効く場所が違うので併用も可能です。

なお、「フィナステリド内服」は病院で処方してもらうしか方法はありませんが、「ミノキシジル外用」はドラッグストアでも購入可能です。
病院に行くのは抵抗がある…という方は、「ミノキシジル外用」からスタートしてもよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です