ミノキシジルの外用薬は本当に効果があるのか?

CMなどでもおなじみの発毛剤、大正製薬「リアップ」。
発毛剤として唯一、日本で認可された医薬品ということで、効果実感される方も多く人気のある商品です。

「リアップ」に含まれる「ミノキシジル」という成分は、臨床結果で多くの人の薄毛が改善し、医薬品として認可されているので、その効果に疑いの余地はないのですが、ミノキシジルを使っても毛が生えない、状況が変わらない、と感じられている方もいらっしゃいます。

まずは、そもそもお悩みの脱毛が、ミノキシジルの効果が認められている脱毛症であるかを知る必要があります。

脱毛には男性型脱毛症(AGA)をはじめ、老人性脱毛症、円形脱毛症、脂漏性脱毛症、ひこう性脱毛症など、さまざまな脱毛があり、それぞれに原因は異なります。ミノキシジルが効果を発揮するのは、男性型脱毛症(AGA)または女性が発症する女性男性型脱毛症(FAGA)となっています。

男性型脱毛症とは、遺伝性の脱毛症で、男性の場合は頭頂部の薄毛とおでこの生え際の後退が進みます。女性男性型脱毛症は、男性と違い、全体の髪の毛が徐々に抜けて薄毛になります。どちらも、ホルモンバランスの乱れが関係しています。

ミノキシジルは、その男性型脱毛症や女性男性型脱毛症に対し効果を発揮する薬となっているので、薄毛の原因がほかにある場合は、発毛効果は薄いと考えられています。ご自身の抜け毛が男性型脱毛症かどうかわからない場合は、AGA治療のクリニックなどで検査してもらうとよいでしょう。

また、明らかに男性型脱毛症とわかっているのに、ミノキシジルが効かない場合に関しては、大きく分けて、頭皮環境が良くないか、ミノキシジルの使い方が誤っている可能性があります。

ミノキシジルは頭皮から浸透するものですので、正しいシャンプーで毛穴の詰まりをなくしたり頭皮を柔らかくしたりして浸透させやすくします。また、使い方や使用量が守られていない場合も効果実感しにくい原因となりますので、添付の注意書きなどをよく読んで使用しましょう。決められた量以上を使っても、効果がないばかりか、毛穴を詰まらせて悪化させる可能性もあります。

外用薬は使い方ひとつで効果が変わってきますので、正しい使い方をきちんと確認しましょう。

また、発毛剤の効果を実感するためには、ある程度期間が必要です。4か月から6か月程度使用して、抜け毛が減るなどの効果が実感できない場合は、医師薬剤師にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です