ミノキシジルタブレットはどうやって処方してもらう?

最強の毛生え薬、とも言われる「ミノキシジルタブレット」。
どこで手に入れられるのでしょうか?

そもそもミノキシジルとは、1979年に血圧降下剤として開発された「ロニテン」の成分です。「ロニテン」を服用した患者に、毛髪の増加や全身の多毛症が見られたことから、改めて、外用薬の発毛剤として開発され、現在では多くの国で認可されています。

日本でも、唯一の医薬品発毛剤としてミノキシジル配合の「リアップ」が発売されています。

一方、「ミノキシジルタブレット」は、血圧降下剤「ロニテン」のジェネリック医薬品、という立ち位置です。
アメリカでは血圧降下剤として認可されているようですが、日本では血圧降下剤としても、発毛剤としても認可されていない薬です。

つまり、ドラッグストアでは手に入れられない薬ということになります。

ミノキシジルタブレットは血圧降下剤である、ということは、発毛作用以外に、血圧を下げる作用に伴う副作用がある、ということを承知の上で、ミノキシジルタブレットを試してみたい、という方は、まずは、ミノキシジルを処方する病院を探すのが早いでしょう。

男性型脱毛症(AGA)による薄毛脱毛を専門的に診察する病院ができました。まずは、自分の脱毛症について知るためにも、AGAの病院に行くことをお勧めします。

病院によってはミノキシジルタブレットの取扱いがないところもありますので、ミノキシジルタブレットを試したい場合は、あらかじめミノキシジルタブレットを処方してもらえるのかどうか確認しましょう。

個人輸入ができる!と紹介しているWEBサイトもありますが、個人輸入は、届けられた商品がちゃんとした正規品かどうか判断できませんし、ミノキシジルタブレットは副作用が強いため、素人判断で飲める薬ではありません。専門医に相談のうえ、体質的に服用しても問題ないのであれば、最強の発毛薬となる可能性はあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です