ミノキシジルは飲み薬が効果がある?

薄毛が治った、抜け毛が止まった、など、高評価が聞かれる、ミノキシジルの飲み薬。

一番有名なところでは「ミノキシジルタブレット」という薬が、それに該当します。

男性型脱毛症による、薄毛抜け毛に効果があることが医学的に実証されているミノキシジルですが、ミノキシジルが配合された薬には、頭皮に塗る塗り薬と飲み薬の2種類があります。

日本で販売されている塗り薬には、「リアップ」があります。
飲み薬は、日本では認可されていません。

アメリカで認可されているミノキシジルの飲み薬は、高血圧治療薬である「ロニテン」や、「ロニテン」のジェネリック医薬品である「ミノキシジルタブレット」があります。

ミノキシジルは、塗り薬は発毛薬、飲み薬は高血圧の治療薬、血圧降下剤として存在しています。

アメリカでも、飲み薬は血圧降下剤、塗り薬は発毛剤としての認可であって、飲み薬は育毛剤としては認可されていません。

もう一度言いますが、ミノキシジルの飲み薬は、発毛剤ではありません!!

男性型脱毛症(AGA)の治療を行う病院などでは、ミノキシジルの飲み薬を処方することもあるようですが、あくまで医師の指導の下で使用する薬となります。

個人輸入ができると紹介するサイトもありますが、個人輸入では届いた薬が本物かどうか判断できませんし、そもそも飲み薬とするには副作用リスクが高い薬ですので、飲み薬はお勧めしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です