ミノキシジルによるかゆみ対策は?

ミノキシジル外用薬の主な副作用に、かゆみがあります。
ミノキシジルは血行を良くするのでかゆみが起こりやすいようです。血行が良くなることでのかゆみは止められません。
かゆいからといって、かきむしるのはダメです。頭皮が傷つき、炎症を起こす可能性があります。
かきむしった後に、ミノキシジルの外用薬を使うと、さらに炎症がひどくなる可能性もあります。

血行が良くなることでのかゆみが起こっている場合は、普段血流が悪いところの血行が良くなることでかゆみは起こりやすくなるので、普段から頭皮を柔らかくするようにやさしくマッサージしたりしてやわらかい頭皮にするようにしましょう。

血行以外で考えられる頭皮のかゆみは、ミノキシジル自体へのアレルギー反応の他に、頭皮への浸透をよくするために、ほかの液体と混ぜて作られているので、そういった成分に反応している可能性があります。

明らかに湿疹ができていたり、いつまでもかゆみが収まらないようでしたら、薬剤にアレルギー反応を起こしている可能性があるので、使用を中止し病院で診てもらったほうが安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です