ミノキシジルタブレットでむくみの症状が出たら、服用を中止しましょう

飲む発毛剤として認知されているミノキシジルタブレットですが、ミノキシジルタブレットは発毛薬ではありません。
ミノキシジルタブレットは、高血圧治療薬であるロニテンのジェネリック医薬品です。

高血圧ではない人が服用すると、予期せぬ体調不良を起こす可能性が高いため、服用中の方は体調の変化には十分に注意してください。

ミノキシジルタブレット服用による体調の変化で、気をつけていただきたいものの一つに、むくみがあります。
むくみとは、水分が細胞と細胞の間に過剰に溜まった状態のことを言います。

ミノキシジルによるむくみはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか?

高血圧の治療を目的に作られたミノキシジルには、血管を広げる作用があります。
血管が広げられると血がたくさん通うようになり、血流がよくなります。
太い血管の血流が増えると、末端にある毛細血管に圧力がかかり、毛細血管に空いている穴から、分子の小さい水などが血管の外に押し出されます。
ミノキシジルは血液が心臓から送り出される動脈には働くのですが、心臓へ戻るための静脈には作用しないと言われています。

なので、動脈の働きによって血管から押し出された水分が、心臓に戻ろうとしても静脈の血管は広がっていないため、血液に戻りにくくなり、むくみとなって表れるのです。

発毛目的でミノキシジルタブレットを使用しないのが一番ですが、どうしても服用を続けたい方で薬を服用することでむくみの症状がでるようでしたら、薬の副作用と考えられますので、服用を中止し医師薬剤師にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です