ミノキシジルタブレットで毛髪は回復するのか?

鏡の前に立つたびに気になる、おでこの広がり。後頭部の手ごたえの薄さ…。
発毛効果を求めて、ミノキシジルタブレットにすがりたくなる気持ちはよーく分かります。

インターネットでミノキシジルタブレットと検索してみると、効果実感されている方々のレビューを次々とみることができます。

フサフサに生えた、とか、元通りになった、毛髪が回復した、といったレビューを見ると、すぐに取り寄せて使ってみたくなりますが、そこはぐっとこらえてください。

ミノキシジルには、髪の毛の成長の元となる毛母細胞に何らかの働きかけを行い、発毛を促す効果があるのですが、血管を拡張する作用が同時に大きく働くため、発毛効果を目的として飲み薬として内服するのは、健康を害する恐れがあります。

しかし、発毛目的で服用すると健康を害するおそれのある薬が、なぜ存在しているのでしょうか?

もともと、ミノキシジルの飲み薬は、ミノキシジルの血管拡張作用に着目し、高血圧治療のために研究され、認可された薬でした。高血圧の治療でミノキシジルを服用した患者に、毛髪の増加や全身の多毛症が見られたため、改めて、発毛剤として開発され、外用薬・塗り薬として認可されました。

飲み薬であるミノキシジルタブレットは、高血圧治療薬なのです。発毛目的で服用することは想定されていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です