ミノキシジルタブレットのジェネリック医薬品はある?

発毛効果が認められているミノキシジルの外用薬。
そのミノキシジルの外用薬で効果を感じた方や、インターネットでの口コミなどを見て、飲み薬であるミノキシジルタブレットを試したいと思う方も多いのではないでしょうか?

ミノキシジルは、使い続けることによってその効力を発揮できる薬ですので、継続使用が必須です。
買い続けることを考えると、同じ効力のミノキシジルであれば、できるだけ安く手に入れたい!と思いますよね。

同じ薬を安く手に入れる方法として考えられるのが、ジェネリック医薬品に切り替える、ということでしょう。
ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ、薬の特許期間が終わった後に、薬を開発した会社とは別の会社によって作られた、同じ有効成分を含有し、同じ効果効能が確かめられた医薬品のことを言います。開発期間が短いため、薬価も安く設定されています。

ミノキシジルタブレットについてみてみると、ミノキシジルタブレット自体が「ロニテン」という薬のジェネリック医薬品でした。
「ロニテン」は高血圧治療薬である血圧降下剤として、アメリカで認可された薬ですが、発毛薬としては認可されていません。
なので、ミノキシジルタブレットも、血圧降下剤としてアメリカでは認可されていて、同じく、発毛薬としては認可されていません。

発毛剤として認可されていない薬ということは、血圧が高くない人が服用したときにどんなことが起こるか全く研究されていない、ということです。
ミノキシジルタブレットに発毛効果を期待して服用するのは大変危険なことです。使用を見直した方がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です