ミノキシジルタブレットの価格は?

ミノキシジルは発毛効果が薬として認められている成分です。
しかし、ミノキシジルによって発毛しても、ミノキシジルを摂取しなくなると元の薄毛に戻ってしまうことがわかっています。
増えた毛を維持するためにはずっと使い続けなくてはいけません。

長く続けるためには、価格は重要な要素ですね。
ここでは、飲み薬であるミノキシジルタブレットについてみていきたいと思いますが、ミノキシジルタブレットは血圧降下剤であり、そもそも発毛薬としてはどの国でも認可されていないことに注意してください。

ミノキシジルの内服薬であるミノキシジルタブレットは、日本では、AGAを扱う病院などで処方される場合もあるようですが、ドラッグストアなどでは買えない薬です。
病院で処方してもらう以外の入手方法としては、個人輸入があります。
購入に関してはいろいろと制限があるようですので、注意書きをよく読みましょう。

ミノキシジルタブレットにはいくつか種類があります。
まずは、先発医薬品である「ロニテン」です。2017年2月時点では、ミノキシジル5mg1本100錠入り8,500円前後となっています。

ロニテンのジェネリック医薬品は複数の製薬会社から発売されています。
ミノキシジルタブレット(米国Mutual Pharmaceutica社l)5,000円前後、ミノキシジルタブレット(Lloyd社)3,500円前後、ノキシジル(T.O.Chemicals社)は3,000円前後などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です