ミノキシジルで湿疹ができる?

男性型脱毛症(AGA)に発毛効果が認められている外用薬のミノキシジルですが、塗るタイプのミノキシジルでは湿疹やかゆみなどの副作用が報告されています。

まずご確認いただきたいのは、使用量と用法を説明書通りに行っているか、ということです。

たくさん塗布した方が効きそうだ、と考えがちですが、多く塗っても効果はほとんど変わりませんし、逆に決められた用量より多く塗ることで、毛穴に詰まったり、皮膚トラブルを引き起こすきっかけになります。

用量用法を守っても起きる湿疹については、ミノキシジル自体が肌に合わない場合と、ミノキシジルを浸透させるために使われている溶剤が肌に合わない場合が考えられます。

以前に、化粧品などで湿疹ができたり、皮膚トラブルの経験がある方は、ミノキシジルと一緒に使われている成分を確認したり、様子を見ながら使用するのが良いでしょう。
また、同じブランドの製品でも、製品によって配合されている溶剤などが異なる場合がありますので、一つの製品だけで判断するのではなく、複数の製品の成分を確認することをお勧めします。

かゆみを感じる程度でしたら、頭皮の血行が良くなったのが原因とも考えられますので、様子を見てみて下さい。

発疹ができているようでしたら、使用を中止し、医師薬剤師にご相談ください。

また、発疹ができる位置は塗布した頭皮とは限らないようですので、頭皮以外に発疹ができた場合も、なるべく早めに医師薬剤師に相談した方がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です