ミノキシジルの海外製品について

日本で認可されているミノキシジルは「リアップ」だけですが、海外では様々なミノキシジル配合の医薬品が販売されています。

主なものでは、「ロゲイン」「カークランド」「ポラリス」などが挙げられます。
どれもミノキシジルが配合されており、その違いはミノキシジルの濃度と溶剤にみられます。

「ロゲイン」「カークランド」は5%濃度であるのに対し、「ポラリス」は5~16%と幅広いラインナップをそろえています。
ちなみに、ミノキシジル外用薬は、濃度が濃いほど効果がある、というものでもないようです。
濃度が高いと皮膚からの浸透がされにくくなるため、効果が落ちると言われています。

また、高濃度ほど、塗布したときのベタつきが気になるようですので、薬を選ぶときには、効果と使用感のバランスを見ることが大切ですね。


また、それぞれの薬での特筆すべきポイントとしては、


「ロゲイン」は、ミノキシジルの発毛剤の先発品、最初に開発された薬です。簡単に言えば、ミノキシジル配合の育毛剤のオリジナル、ということですね。
発売されてから年月も経っていますので、その効果はもちろんのこと、薬の安全性についても信頼できる薬です。


「カークランド」は、大型倉庫店コストコのPBブランドで、「ロゲイン」の成分そのままのジェネリック医薬品となっています。「ロゲイン」を安く使いたい方には「カークランド」をお勧めします。


「ポラリス」は、ミノキシジルだけでなく、最適な結果が得られるような成分も配合されています。
ミノキシジルだけではない成分が入っていますので、「ロゲイン」などの他ブランドと同じ濃度でも、使用感や効果感が違うようです。


こればかりは、いろいろと比べてみないとわかりませんね。


ただし、これらの薬は、日本国内のドラッグストアなどでは入手できません。

日本では認可されていないからです。

AGA(男性型脱毛症)を扱う病院で処方してもらうか、個人輸入などをしないと入手できませんのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です