ミノキシジルの副作用は心臓に影響アリ?

薄毛抜け毛に悩む方なら、一度は耳にしたことがある「ミノキシジル」。医薬品であることから、副作用の心配をされる方も多いでしょう。

ミノキシジルの副作用を知るには、薬の成り立ちを見るとわかりやすいと思います。
ミノキシジルは、はじめから発毛剤としてあったわけではありません。

最初にミノキシジルが配合された薬は、内服薬の「ロニテン」という高血圧治療薬、血圧降下剤でした。

「ロニテン」の服用者に、毛髪の増加や全身の多毛症という副作用が見られたため、改めて、発毛効果を狙って外用薬・塗り薬が作られました。

それが、世界で始めて医薬品として認可された「ロゲイン」という外用の発毛剤です。

つまり、ミノキシジルは、血管拡張作用と何らかの発毛作用が同時にはたらく成分ということですね。

ミノキシジルを発毛目的で使用する場合の副作用は、血管拡張作用によって流れる血流が増加するため、心臓への負担の増加が考えられます。

なので、ミノキシジル配合の発毛剤「リアップ」の添付書類を見てみると、「心臓又は腎臓に障害のある人」は使用の際に相談が必要、となっているのですね。

ミノキシジルの外用薬は、作用が全身に及ぶものではないので大きな影響はないと考えられていますが、心臓に不安のある方は医師薬剤師にご相談ください。

内服薬を発毛剤として服用されている方もいらっしゃるようですが、全身への作用が考えられるため、心臓に何らかの不安がある方は服用してはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です