ミノキシジルの発毛効果を引き出す頭皮環境とは?

20代30代なのに、おでこが広くなってきた、後頭部の頭皮が透けて見える…。
そう感じる方は、男性型脱毛症かもしれません。
男性型脱毛症は遺伝性のものなので、両親、兄弟、祖父母に心当たりがあれば、あなたもそうかも…。

男性型脱毛症は、薬で治る時代になりました。代表的な発毛成分としてミノキシジルが挙げられらます。
「リアップ」に含まれている成分ですね。
医薬品として認可されているミノキシジルは頭皮に塗布する薬なので、頭皮環境がとても大切です。
頭皮の毛穴から薬剤が浸透し、毛根に発毛を働きかけたり血流を良くしたりしますので、毛穴が詰まっていては薬が浸透せず、せっかくミノキシジルを使っても発毛効果を得られにくくなります。

具体的にどうすればよいのでしょうか?

まずは、洗髪の見直しから始めるとよいでしょう。
シャンプー前に髪を濡らす時に、十分に濡らしていますか?頭皮にしっかりとお湯をなじませ、まずお湯で洗うようにしましょう。
十分に濡らさないままシャンプーを付けると、シャンプーの成分が毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

シャンプーでの洗い方にも注意が必要です。毛穴をきれいにできる…と思って、ゴシゴシと強く洗っていませんか?
強く洗いすぎると頭皮が傷ついてしまいます。
手のひらで頭を包み込むように、指の腹で優しく洗うのがいいですね。
また、髪の毛の健康を保つためには、頭皮の血流が重要になります。頭皮を柔らかく保つためにマッサージも行いましょう。

コンディショナーやトリートメントはなるべく頭皮につけないで、毛先を中心につけます。
シャンプーもコンディショナーも、よくすすぐことが重要です。きれいな頭皮を保つためにも、きっちりとすすぎましょう。

また、頭皮環境を健康に保つためには、頭皮ケアはもちろんですが、体質改善が重要です。
暴飲暴食や、睡眠不足、ストレス、紫外線に当たりすぎるなどで、頭皮環境は悪化します。
さらに喫煙していると、煙草に含まれるニコチンが血管を収縮させてしまうので血流が悪くなっています。

規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動、紫外線ケア、禁煙などを実施して体質改善しましょう。
血液のめぐりが発毛にとって重要な要素の一つとなっていますので、薄毛が気になる方は気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です