AGAの原因、ジヒドロテストステロンによる脱毛にもミノキシジルの発毛剤が効く

生え際がM字型に後退したり、頭頂部が薄くなる…これは、男性型脱毛症(AGA)にみられる特徴の一つです。
何が原因で、ハゲてしまうのでしょうか?

現在の研究では、男性型脱毛症はジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンの影響が大きいとされています。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びつくことで生成され、体毛を濃くしたり、髪の毛を作り出す毛母細胞の活動を抑制する働きがあります。

ジヒドロテストステロンは、前立腺肥大の原因にもなっているので、やっかいなホルモンとみる風潮もあるようですが、胎児のときに男性外生殖器の形成に重要な役割を果たすホルモンなので、とても大切なホルモンです。

男性的な特徴のために重要なホルモンなのはわかったけれど、この薄毛、ハゲあたまへの影響は何とか阻止したい!ですよね。

そこで、近年は、脱毛を抑制するために、テストステロンと5αリダクターゼが結びつかないようにする成分である「フィナステリド」を配合した薬を服用することで、薄毛を進行させない治療法が行われていますが、最近ではフィナステリドを飲み続けることで重篤な副作用が起こる可能性があるという報告がされています。

そこで注目されるのが、日本皮膚科学会が推奨する、もう一つの発毛成分「ミノキシジル」の外用薬です。
ミノキシジルはジヒドロテストステロンへの働きかけはしない成分ですが、発毛効果があり、医薬品として認められています。

内服薬と違い、外用薬は全身への作用はほとんど見られないため、重篤な副作用の報告はなく、安心して使える発毛剤です。ミノキシジルで薄毛の進行を食い止めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です