AGAの治療薬にミノキシジルを勧める理由

生え際がM字に後退し頭頂部が薄毛になっていく、男性型脱毛症(AGA)の治療に効果的な薬はあるのでしょうか?

現在、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインによると、ミノキシジルの外用薬、フィナステリドの内服薬がまず優先して治療に使われるべきもの、と定義されています。

また、2016年に認可されたばかりのデュタステリドの内服薬も発毛効果が高いと評判ですので、ガイドラインが改定された際には、優先して治療に使用すべき薬に加わるかもしれませんね。

3つの薬のうち、ミノキシジルのみ外用薬で、血圧降下剤の副作用に着眼して作られた薬です。フィナステリドとデュタステリドは内服薬で、前立腺肥大の薬でもあります。

AGAの原因となっているジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びついて発生することがわかっており、その酵素を阻害するものがフィナステリドとデュタステリドであり、ミノキシジルは作用しません。

ミノキシジルは、血行を良くする作用があり、髪の毛を作り出す毛母細胞へ何らかの働きかけをすることがわかっています。髪の毛に直接作用するのはミノキシジルだけなのです。

髪の毛を生やすためには、ミノキシジルの使用が効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です