禿げないためにミノキシジルを使いましょう

禿げないために、自分でできることはあるのでしょうか?

禿げるのを予防することは難しいですが、ハゲになるかもしれない、その予兆が見えたらぜひ、ミノキシジルの発毛剤を使ってみて下さい。

一つのサインとして、男性の場合は、生え際の後退、生え際がM字、後頭部の薄毛が見られたら、ミノキシジルの出番です!

ミノキシジルは、それほど進行していない男性型脱毛症(AGA)に効果があるようですので、少し薄毛が気になった段階で使うのが効果的でしょう。

禿げて皮膚がつるつるになると、さすがのミノキシジルも効果を発揮できないかもしれません。
つるつるになった皮膚は陸地で例えるならば、いわば砂漠地帯のようなものなのです。

さらに、毛が生えてくる毛穴がなくなってしまった可能性が高く、また毛穴があったとしても、土壌が砂漠、ということを考えると、そこに髪の毛を生やすのはかなり難しいのが分かりますね。

逆に考えると、頭皮が固いつるつるの皮膚になっていなければ、まだ生える可能性もありますので、ミノキシジルを試してみる価値は十分にあります。

フサフサまで戻る保証はありませんが、確かに発毛効果がある、と実感する方が多いミノキシジル。薄毛の進行を食い止め、禿げないためにも、ミノキシジルで発毛生活始めましょう。

養毛剤よりミノキシジルの発毛剤が効果あり!

髪の毛を元気にしてくれる養毛剤ですが、養毛剤の効き目に満足していますか?

薄毛が心配だけれど、髪の毛が元気なら薄毛も解消するはず!と思って、養毛剤で髪の毛の維持を試みている方も多いのではないでしょうか?

髪の毛の維持・増毛には、ミノキシジル配合の発毛剤が断然お勧めです。

養毛剤は今ある髪の毛を元気にすると考えられている成分が入っているのに対し、ミノキシジルは髪の毛が生えてくる効果が認められた医薬品の成分です。また、日本皮膚科学会の男性型脱毛症(AGA)治療のガイドラインによると、ミノキシジルの外用薬は最も優先して治療を行うものとして名前が挙げられています。

養毛剤では物足りない方、髪の量を増やしたいと考えている方は、ミノキシジルの発毛剤の使用を強くお勧めします。

AGAの治療薬にミノキシジルを勧める理由

生え際がM字に後退し頭頂部が薄毛になっていく、男性型脱毛症(AGA)の治療に効果的な薬はあるのでしょうか?

現在、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインによると、ミノキシジルの外用薬、フィナステリドの内服薬がまず優先して治療に使われるべきもの、と定義されています。

また、2016年に認可されたばかりのデュタステリドの内服薬も発毛効果が高いと評判ですので、ガイドラインが改定された際には、優先して治療に使用すべき薬に加わるかもしれませんね。

3つの薬のうち、ミノキシジルのみ外用薬で、血圧降下剤の副作用に着眼して作られた薬です。フィナステリドとデュタステリドは内服薬で、前立腺肥大の薬でもあります。

AGAの原因となっているジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びついて発生することがわかっており、その酵素を阻害するものがフィナステリドとデュタステリドであり、ミノキシジルは作用しません。

ミノキシジルは、血行を良くする作用があり、髪の毛を作り出す毛母細胞へ何らかの働きかけをすることがわかっています。髪の毛に直接作用するのはミノキシジルだけなのです。

髪の毛を生やすためには、ミノキシジルの使用が効果的です。

発毛薬ザガーロは安全?ミノキシジルを勧める理由とは。

「ザガーロ」は、2016年6月に男性型脱毛症(AGA)の内服の発毛薬として、日本で認可されました。

ザガーロの成分であるデュタステリドは、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害することが分かっています。その働きにより、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの生成が抑制されるため、AGAの改善が期待されています。

この5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型しか阻害しないのに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害することができるとされています。なので、フィナステリドよりも効果があるのではないか、と言われています。

デュタステリドも、フィナステリドと同様に、前立腺肥大の薬としてもともと認可されている成分です。

つまりは、前立腺肥大を治療する薬でもありますので、副作用として勃起不全・性欲減退・乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)・肝機能異常がみられます。

効果があると言っても、副作用が起こるかもしれない…と考えると、なかなか服用するのに勇気がいりますね。

薄毛悩みは深刻なものですが、副作用で健康が失われては本末転倒です。

前立腺肥大の治療薬を飲み続けることに抵抗がある…、全身に作用する内服薬は避けたい…という方には、ミノキシジルがお勧めです。

外用薬なので全身へ作用することはなく、重篤な副作用の報告もない、発毛効果が認められ医薬品として認可されているミノキシジルを使いましょう。

増毛すれば髪の毛は安心?自分の髪の毛を増やす最強の方法はミノキシジル。

生え際の後退が気になる…。後頭部の地肌が透けて見えてきた…。
あなたなら、どんな方法でこのピンチを乗り越えますか?!

発毛剤や育毛剤は、生えるまでに時間がかかるし、望む効果が上がるのかわからない…。
植毛は、人工毛を頭皮に直接植えたり、自分の髪を皮膚ごと移植すると聞くと、大掛かりな手術のようで、躊躇する…。
だったら、今生えてる髪の毛の根元に、数本の毛を結びつけて毛量を増やす、増毛が手軽でいいのでは?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、増毛をする前に、まず自分の髪の毛を元気にするところから始めた方がよいですよ!
なぜなら、増毛のベースは、自分の髪の毛だから、です。

増毛とは、1本の髪の毛に何本かの毛を結びつけて増やす方法になるので、まずは、自分の髪の毛がないと、結びつけるところもありません。
薄毛になって弱くなっている髪の毛に、増毛の毛をつけてしまうと、自分の髪に余計な力がかかり、引っ張られて抜けやすくなってしまいます。
せっかく増毛したのに、自分の髪の毛をなくしてしまっては本末転倒ですよね。

また、髪の毛が植え込まれた薄いフィルムを頭皮にぴったりと貼り付ける増毛法もありますが、頭皮が蒸れやすくなるため、皮膚トラブルの原因となることもあります。

増毛を考える前に、まずは頭皮環境を整えて、自分の髪の毛を健康的に生やすことを考えましょう。
髪の毛を健康的に生やすには、医薬品として認められているミノキシジルの発毛剤がお勧めです。

多くの人に、発毛が実感されているミノキシジルをぜひお試しくださいね。
増毛するのは、ミノキシジルを試してからでも遅くはないですよ。

壮年性脱毛症にもミノキシジルが効果的です

壮年性脱毛症にミノキシジルは効果があるのでしょうか?

頭髪が薄くなったり抜け落ちる脱毛症の呼び方について、若年性脱毛症、壮年性脱毛症、老人性脱毛症、などと年代によって区切って呼ぶ場合がありますが、若年性脱毛症と壮年脱毛症については、学術的な名称ではないようです。

壮年性脱毛症とは、30~40代を中心とした幅広い年代で多く見られる脱毛症のことですが、その脱毛症のうち、生え際から後退しM字になったり、頭頂部が薄くなる症状の男性にみられる脱毛症は、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれ、男性型脱毛症に対してミノキシジルは効果を発揮します。

女性にも効果が認められており、女性の場合は女性男性型脱毛症と呼ばれ、髪の毛が頭頂部から全体的に薄くなりますが、ほかの脱毛症との区別がつきにくいため、女性の場合は注意が必要です。

ハゲは遺伝する?そのハゲにもミノキシジルが効果あり!

ハゲは遺伝するのでしょうか?答えはYESです。
父親がハゲていなければ、ハゲないのでしょうか?答えはNOです。

ハゲの遺伝は、父親からだけの遺伝ではありません。両親、祖父母の誰かがハゲている場合は、あなたにも遺伝している可能性があります。

遺伝するハゲは男性型脱毛症(AGA)と呼ばれ、女性は女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれます。
30歳前後から、男性の場合は生え際の後退や頭頂部が薄毛が見られ、女性の場合は頭頂部から全体的に薄毛になります。
なくなってしまった広範囲の髪の毛を取り戻すのは大変難しいことですが、今ある髪の毛を元気にしたり、薄毛の部分の毛を増やして薄毛を目立たなくすることはできます。

育毛剤や発毛剤は気休めと思っていませんか?
発毛剤にも医薬品として認められたものもあります。それは、ミノキシジル配合の発毛剤です。

ミノキシジル配合の発毛剤で日本で認可されているものは「リアップ」のみとなっていて、最も手軽に手に入れることができるミノキシジル配合の医薬品です。

髪の毛を取り戻すために、ミノキシジルで発毛生活を始めましょう!

AGAの原因、ジヒドロテストステロンによる脱毛にもミノキシジルの発毛剤が効く

生え際がM字型に後退したり、頭頂部が薄くなる…これは、男性型脱毛症(AGA)にみられる特徴の一つです。
何が原因で、ハゲてしまうのでしょうか?

現在の研究では、男性型脱毛症はジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンの影響が大きいとされています。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びつくことで生成され、体毛を濃くしたり、髪の毛を作り出す毛母細胞の活動を抑制する働きがあります。

ジヒドロテストステロンは、前立腺肥大の原因にもなっているので、やっかいなホルモンとみる風潮もあるようですが、胎児のときに男性外生殖器の形成に重要な役割を果たすホルモンなので、とても大切なホルモンです。

男性的な特徴のために重要なホルモンなのはわかったけれど、この薄毛、ハゲあたまへの影響は何とか阻止したい!ですよね。

そこで、近年は、脱毛を抑制するために、テストステロンと5αリダクターゼが結びつかないようにする成分である「フィナステリド」を配合した薬を服用することで、薄毛を進行させない治療法が行われていますが、最近ではフィナステリドを飲み続けることで重篤な副作用が起こる可能性があるという報告がされています。

そこで注目されるのが、日本皮膚科学会が推奨する、もう一つの発毛成分「ミノキシジル」の外用薬です。
ミノキシジルはジヒドロテストステロンへの働きかけはしない成分ですが、発毛効果があり、医薬品として認められています。

内服薬と違い、外用薬は全身への作用はほとんど見られないため、重篤な副作用の報告はなく、安心して使える発毛剤です。ミノキシジルで薄毛の進行を食い止めましょう!

薄毛治療にはミノキシジルが効果あり

薄毛も治療で治す時代です。

薄毛治療と言えば、一昔前までは、効果があるかわからない育毛剤を気休めに使う程度で、本気で薄毛を解消したい人は、植毛や増毛などで人工的に髪を増やしたり、カツラを使用することで薄毛を解決していましたが、今や医薬品として認可された効果の高い育毛剤がありますので、大掛かりな手術をしなくても自分の髪の毛を取り戻すことが可能になっています。

AGA(男性型脱毛症)という言葉も知られるようになり、AGA治療を謳うクリニックも増えています。
薄毛治療を行う病院が増えたせいか、日本皮膚科学会もAGA治療のガイドラインを作成しています。

このガイドラインによるとAGAの治療において、まず行うべき治療として推奨されているのが、ミノキシジルの外用薬とフィナステリドの内服薬の投与です。

ということは、AGA治療において、まずはミノキシジルの外用薬とフィナステリドの内服薬を処方されることが多い、ということになります。

病院でのAGA治療は全額自己負担となっており、健康保険が効きませんので、継続して治療するには、病院での診察料や薬代など、高額になりがちな費用がちゃんと捻出できるかどうか、検討する必要があります。

幸いなことに、ミノキシジルに関しては、医師の診断がなくてもドラッグスストアで購入可能です。
「リアップ」シリーズがそれにあたります。「リアップ」は日本で認可された、ただ一つのミノキシジル配合の発毛剤なので、薄毛に悩んでいて、まだミノキシジルを試したことのない方は、まずは、「リアップ」から始めましょう。

植毛の前に、ミノキシジルを試してみよう

薄毛に悩んでいろいろな育毛剤を試したが効果があるのかないのか…
もう植毛しかないのかも…と思っている方へ、ミノキシジル配合の育毛剤はお試しになりましたか?

ミノキシジルは医薬品として認められた成分ですので、まだお試しでない場合はぜひお試しください。
すぐには結果が見えないので効果がなかなか実感できずに焦ってしまいがちですが、用法用量を守って、半年ほど使用し続けてみて下さい。
半年ほどで効果を感じる人が多いようです。

植毛は、外科行為に当たるため、病院での手術となります。
人工毛を植え込む方法と、自分の髪の毛を薄毛のところに頭皮ごと植え込む方法があります。
人工毛は一度の施術で思い通りの髪型になりますが、人体は異物と感じると排除してしまうので、ずっと髪型を保つことは難しいようです。
また、自分の髪を植える場合は、頭皮ごと切り取って薄毛の部分に植え込むので少しずつの植毛となり、広範囲への植毛が難しく、期間がかかるのと、頭皮に傷が残ってしまうことがあります。

植毛は一度にかかる費用が大きいものです。植毛をする前に、今の状態から発毛させる方法をとことん試しましょう。