ミノキシジルタブレットのジェネリック医薬品はある?

発毛効果が認められているミノキシジルの外用薬。
そのミノキシジルの外用薬で効果を感じた方や、インターネットでの口コミなどを見て、飲み薬であるミノキシジルタブレットを試したいと思う方も多いのではないでしょうか?

ミノキシジルは、使い続けることによってその効力を発揮できる薬ですので、継続使用が必須です。
買い続けることを考えると、同じ効力のミノキシジルであれば、できるだけ安く手に入れたい!と思いますよね。

同じ薬を安く手に入れる方法として考えられるのが、ジェネリック医薬品に切り替える、ということでしょう。
ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ、薬の特許期間が終わった後に、薬を開発した会社とは別の会社によって作られた、同じ有効成分を含有し、同じ効果効能が確かめられた医薬品のことを言います。開発期間が短いため、薬価も安く設定されています。

ミノキシジルタブレットについてみてみると、ミノキシジルタブレット自体が「ロニテン」という薬のジェネリック医薬品でした。
「ロニテン」は高血圧治療薬である血圧降下剤として、アメリカで認可された薬ですが、発毛薬としては認可されていません。
なので、ミノキシジルタブレットも、血圧降下剤としてアメリカでは認可されていて、同じく、発毛薬としては認可されていません。

発毛剤として認可されていない薬ということは、血圧が高くない人が服用したときにどんなことが起こるか全く研究されていない、ということです。
ミノキシジルタブレットに発毛効果を期待して服用するのは大変危険なことです。使用を見直した方がよいでしょう。

ミノキシジルタブレットで毛髪は回復するのか?

鏡の前に立つたびに気になる、おでこの広がり。後頭部の手ごたえの薄さ…。
発毛効果を求めて、ミノキシジルタブレットにすがりたくなる気持ちはよーく分かります。

インターネットでミノキシジルタブレットと検索してみると、効果実感されている方々のレビューを次々とみることができます。

フサフサに生えた、とか、元通りになった、毛髪が回復した、といったレビューを見ると、すぐに取り寄せて使ってみたくなりますが、そこはぐっとこらえてください。

ミノキシジルには、髪の毛の成長の元となる毛母細胞に何らかの働きかけを行い、発毛を促す効果があるのですが、血管を拡張する作用が同時に大きく働くため、発毛効果を目的として飲み薬として内服するのは、健康を害する恐れがあります。

しかし、発毛目的で服用すると健康を害するおそれのある薬が、なぜ存在しているのでしょうか?

もともと、ミノキシジルの飲み薬は、ミノキシジルの血管拡張作用に着目し、高血圧治療のために研究され、認可された薬でした。高血圧の治療でミノキシジルを服用した患者に、毛髪の増加や全身の多毛症が見られたため、改めて、発毛剤として開発され、外用薬・塗り薬として認可されました。

飲み薬であるミノキシジルタブレットは、高血圧治療薬なのです。発毛目的で服用することは想定されていません。

ミノキシジルタブレットの価格は?

ミノキシジルは発毛効果が薬として認められている成分です。
しかし、ミノキシジルによって発毛しても、ミノキシジルを摂取しなくなると元の薄毛に戻ってしまうことがわかっています。
増えた毛を維持するためにはずっと使い続けなくてはいけません。

長く続けるためには、価格は重要な要素ですね。
ここでは、飲み薬であるミノキシジルタブレットについてみていきたいと思いますが、ミノキシジルタブレットは血圧降下剤であり、そもそも発毛薬としてはどの国でも認可されていないことに注意してください。

ミノキシジルの内服薬であるミノキシジルタブレットは、日本では、AGAを扱う病院などで処方される場合もあるようですが、ドラッグストアなどでは買えない薬です。
病院で処方してもらう以外の入手方法としては、個人輸入があります。
購入に関してはいろいろと制限があるようですので、注意書きをよく読みましょう。

ミノキシジルタブレットにはいくつか種類があります。
まずは、先発医薬品である「ロニテン」です。2017年2月時点では、ミノキシジル5mg1本100錠入り8,500円前後となっています。

ロニテンのジェネリック医薬品は複数の製薬会社から発売されています。
ミノキシジルタブレット(米国Mutual Pharmaceutica社l)5,000円前後、ミノキシジルタブレット(Lloyd社)3,500円前後、ノキシジル(T.O.Chemicals社)は3,000円前後などがあります。

ミノキシジルタブレットでむくみの症状が出たら、服用を中止しましょう

飲む発毛剤として認知されているミノキシジルタブレットですが、ミノキシジルタブレットは発毛薬ではありません。
ミノキシジルタブレットは、高血圧治療薬であるロニテンのジェネリック医薬品です。

高血圧ではない人が服用すると、予期せぬ体調不良を起こす可能性が高いため、服用中の方は体調の変化には十分に注意してください。

ミノキシジルタブレット服用による体調の変化で、気をつけていただきたいものの一つに、むくみがあります。
むくみとは、水分が細胞と細胞の間に過剰に溜まった状態のことを言います。

ミノキシジルによるむくみはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか?

高血圧の治療を目的に作られたミノキシジルには、血管を広げる作用があります。
血管が広げられると血がたくさん通うようになり、血流がよくなります。
太い血管の血流が増えると、末端にある毛細血管に圧力がかかり、毛細血管に空いている穴から、分子の小さい水などが血管の外に押し出されます。
ミノキシジルは血液が心臓から送り出される動脈には働くのですが、心臓へ戻るための静脈には作用しないと言われています。

なので、動脈の働きによって血管から押し出された水分が、心臓に戻ろうとしても静脈の血管は広がっていないため、血液に戻りにくくなり、むくみとなって表れるのです。

発毛目的でミノキシジルタブレットを使用しないのが一番ですが、どうしても服用を続けたい方で薬を服用することでむくみの症状がでるようでしたら、薬の副作用と考えられますので、服用を中止し医師薬剤師にご相談ください。

ミノキシジルにサプリメントがある?

育毛効果があるミノキシジルですが、その錠剤タイプをただのサプリメント、と認識していませんか?

ミノキシジルの錠剤として有名なのは「ミノキシジルタブレット」という商品ですが、この「タブレット」という名前が、サプリメント的なイメージを想起させて、簡単に飲める健康補助食品のイメージを助長しているかもしれません。

錠剤タイプのミノキシジルは、れっきとした医薬品で、そもそもはアメリカで血圧降下剤として認可された薬です。

発毛剤として認可されたのではないことに注目です。

高血圧治療のため飲み薬のミノキシジルを服用した人に、薄毛抜け毛の改善、全身の多毛症がみられたため、発毛効果を狙って、改めて塗り薬が開発され、発毛効果のある医薬品として認可されました。

飲み薬は血圧の薬、塗り薬は発毛剤ということになります。

「ミノキシジルタブレットは最強の発毛剤!」
というような論調のWEBサイトも見かけますが、そもそも飲み薬は発毛剤ではないということを踏まえて慎重に検討してください。

ミノキシジルは飲み薬が効果がある?

薄毛が治った、抜け毛が止まった、など、高評価が聞かれる、ミノキシジルの飲み薬。

一番有名なところでは「ミノキシジルタブレット」という薬が、それに該当します。

男性型脱毛症による、薄毛抜け毛に効果があることが医学的に実証されているミノキシジルですが、ミノキシジルが配合された薬には、頭皮に塗る塗り薬と飲み薬の2種類があります。

日本で販売されている塗り薬には、「リアップ」があります。
飲み薬は、日本では認可されていません。

アメリカで認可されているミノキシジルの飲み薬は、高血圧治療薬である「ロニテン」や、「ロニテン」のジェネリック医薬品である「ミノキシジルタブレット」があります。

ミノキシジルは、塗り薬は発毛薬、飲み薬は高血圧の治療薬、血圧降下剤として存在しています。

アメリカでも、飲み薬は血圧降下剤、塗り薬は発毛剤としての認可であって、飲み薬は育毛剤としては認可されていません。

もう一度言いますが、ミノキシジルの飲み薬は、発毛剤ではありません!!

男性型脱毛症(AGA)の治療を行う病院などでは、ミノキシジルの飲み薬を処方することもあるようですが、あくまで医師の指導の下で使用する薬となります。

個人輸入ができると紹介するサイトもありますが、個人輸入では届いた薬が本物かどうか判断できませんし、そもそも飲み薬とするには副作用リスクが高い薬ですので、飲み薬はお勧めしません。

ミノキシジルタブレットが効かない人は、次の2点を確認して!

最強の育毛薬と言われている「ミノキシジルタブレット」を試してみても、一向に髪が増える気配がない…。
そう感じる方は、ぜひ次の2点をご確認ください。

また、「ミノキシジルタブレット」を医師の判断なしに服用するのは大変危険なことなので、自己判断で服用されている方はすぐに医師にご相談ください。

1.あなたの抜け毛薄毛は、男性型脱毛症でしょうか?

ミノキシジルは全ての脱毛症に効果があるわけではありません。
ミノキシジルは男性型脱毛症(AGA)に効果を発揮する薬です。
男性型脱毛症は遺伝性の脱毛症で、脱毛のしかたに特徴があり、生え際がМ字に後退し、頭頂部が薄くなります。
どちらか一方のこともありますし、両方同時に進行するものもあります。

自分が男性型脱毛症かどうかはっきりとわからない場合は、AGA治療の病院で検査することができます。
検査によって、AGA以外の脱毛症かどうか、自分に合っていると考えられる治療法が分かりますので、ミノキシジルタブレットの効果に疑問がある場合は、医師に相談しましょう。

2.その抜け毛、ミノキシジルタブレットによる初期脱毛では?

ミノキシジルを飲み始めて脱毛が進行した!ミノキシジルが効かない!と感じた方は、それは初期脱毛かもしれません。

まずは、髪の毛の一生を見てみましょう。
髪の毛は、休止期 → 成長期 → 退行期というヘアサイクル繰り返しています。

男性型脱毛症はこのヘアサイクルのうち、成長期にある髪が成長しないまま抜けてしまいます。

毛根が十分に成長しないため、次に生える毛が細く柔らかくなり、細い毛になると髪の密度が減って薄くなっているように感じます。さらに脱毛症が進むと、髪を作り出す毛包が活動しなくなったり、毛包自体がなくなってしまうことで、その部分がハゲて見えます。

ミノキシジルを使うとなぜ初期脱毛が起こるかというと、ミノキシジルは成長が止まった髪に、次の毛が生えるように働きかけを行います。今生えている毛が抜け、新しい毛の発毛を促進させるので、脱毛が増えるのです。なので、ミノキシジルの使いはじめに脱毛が起こっても心配はいりません。びっくりするぐらい抜ける方もいらっしゃるようです。

脱毛は4~6か月程度で収まる方が多いようです。ただ、脱毛が長期にわたる場合は使用を中止し、医師薬剤師に相談したほうが良いでしょう。

ミノキシジルタブレットはどうやって処方してもらう?

最強の毛生え薬、とも言われる「ミノキシジルタブレット」。
どこで手に入れられるのでしょうか?

そもそもミノキシジルとは、1979年に血圧降下剤として開発された「ロニテン」の成分です。「ロニテン」を服用した患者に、毛髪の増加や全身の多毛症が見られたことから、改めて、外用薬の発毛剤として開発され、現在では多くの国で認可されています。

日本でも、唯一の医薬品発毛剤としてミノキシジル配合の「リアップ」が発売されています。

一方、「ミノキシジルタブレット」は、血圧降下剤「ロニテン」のジェネリック医薬品、という立ち位置です。
アメリカでは血圧降下剤として認可されているようですが、日本では血圧降下剤としても、発毛剤としても認可されていない薬です。

つまり、ドラッグストアでは手に入れられない薬ということになります。

ミノキシジルタブレットは血圧降下剤である、ということは、発毛作用以外に、血圧を下げる作用に伴う副作用がある、ということを承知の上で、ミノキシジルタブレットを試してみたい、という方は、まずは、ミノキシジルを処方する病院を探すのが早いでしょう。

男性型脱毛症(AGA)による薄毛脱毛を専門的に診察する病院ができました。まずは、自分の脱毛症について知るためにも、AGAの病院に行くことをお勧めします。

病院によってはミノキシジルタブレットの取扱いがないところもありますので、ミノキシジルタブレットを試したい場合は、あらかじめミノキシジルタブレットを処方してもらえるのかどうか確認しましょう。

個人輸入ができる!と紹介しているWEBサイトもありますが、個人輸入は、届けられた商品がちゃんとした正規品かどうか判断できませんし、ミノキシジルタブレットは副作用が強いため、素人判断で飲める薬ではありません。専門医に相談のうえ、体質的に服用しても問題ないのであれば、最強の発毛薬となる可能性はあるでしょう。

ミノキシジルタブレットは効果なし?

飲むミノキシジルとして、男性型脱毛症(AGA)に悩む人々に認知されている「ミノキシジルタブレット」。
しかし、本当に効果があるのか、かえって毛が抜けてしまって怖くなってしまった、という声も聞かれます。

飲み始めて脱毛がひどくなってしまった方は、それはひょっとして初期脱毛かもしれません。

初期脱毛とは、ミノキシジルの使い始めに起こる脱毛のことです。
なぜ、脱毛が起こるのでしょうか?

ミノキシジルは成長が止まった髪に、次の毛が生えるように働きかけを行い、今生えている毛が抜け、新しい毛の発毛を促進させるからです。なので、最初に脱毛が起こっても心配はいりません。ただ、脱毛が長期にわたる場合は使用を中止し、医師薬剤師に相談したほうが良いでしょう。

また、ミノキシジルは男性型脱毛症AGAには効果が確かめられていますが、それ以外の脱毛症では効果がありません。3か月程度使用しても、何も毛髪に変化がみられないようでしたら、使用を中止し、医師薬剤師にご相談ください。

飲むミノキシジルは、高血圧の薬です

飲むミノキシジルとしてよく知られているのは「ミノキシジルタブレット」でしょう。
塗るタイプのミノキシジルで発毛効果を実感された方なら、飲むタイプのミノキシジルでもっとすごい効果を得られるんじゃないか…と思うのは、自然のことだと思います。

でも、ひとつ気をつけていただきたいのが、「飲むミノキシジル」は発毛剤の薬として認可されたものではない、ということです。アメリカでは降圧剤として認可されていますが、育毛剤としては認可されていません。
そもそも、日本では、ミノキシジルを含む内服薬は一つも認可されていない、というところも重要なポイントです。

内服薬を飲んでいる間は発毛効果を実感するかもしれませんが、ミノキシジルは継続使用しないと効果がなくなる薬です。毛髪がよみがえったからと言って、健康な人が高血圧治療薬を飲み続けるのは、健康を害してしまわないでしょうか?
使用されたい方はよく検討し、医師薬剤師にご相談ください。