ミノキシジルの副作用は心臓に影響アリ?

薄毛抜け毛に悩む方なら、一度は耳にしたことがある「ミノキシジル」。医薬品であることから、副作用の心配をされる方も多いでしょう。

ミノキシジルの副作用を知るには、薬の成り立ちを見るとわかりやすいと思います。
ミノキシジルは、はじめから発毛剤としてあったわけではありません。

最初にミノキシジルが配合された薬は、内服薬の「ロニテン」という高血圧治療薬、血圧降下剤でした。

「ロニテン」の服用者に、毛髪の増加や全身の多毛症という副作用が見られたため、改めて、発毛効果を狙って外用薬・塗り薬が作られました。

それが、世界で始めて医薬品として認可された「ロゲイン」という外用の発毛剤です。

つまり、ミノキシジルは、血管拡張作用と何らかの発毛作用が同時にはたらく成分ということですね。

ミノキシジルを発毛目的で使用する場合の副作用は、血管拡張作用によって流れる血流が増加するため、心臓への負担の増加が考えられます。

なので、ミノキシジル配合の発毛剤「リアップ」の添付書類を見てみると、「心臓又は腎臓に障害のある人」は使用の際に相談が必要、となっているのですね。

ミノキシジルの外用薬は、作用が全身に及ぶものではないので大きな影響はないと考えられていますが、心臓に不安のある方は医師薬剤師にご相談ください。

内服薬を発毛剤として服用されている方もいらっしゃるようですが、全身への作用が考えられるため、心臓に何らかの不安がある方は服用してはいけません。

ミノキシジルで湿疹ができる?

男性型脱毛症(AGA)に発毛効果が認められている外用薬のミノキシジルですが、塗るタイプのミノキシジルでは湿疹やかゆみなどの副作用が報告されています。

まずご確認いただきたいのは、使用量と用法を説明書通りに行っているか、ということです。

たくさん塗布した方が効きそうだ、と考えがちですが、多く塗っても効果はほとんど変わりませんし、逆に決められた用量より多く塗ることで、毛穴に詰まったり、皮膚トラブルを引き起こすきっかけになります。

用量用法を守っても起きる湿疹については、ミノキシジル自体が肌に合わない場合と、ミノキシジルを浸透させるために使われている溶剤が肌に合わない場合が考えられます。

以前に、化粧品などで湿疹ができたり、皮膚トラブルの経験がある方は、ミノキシジルと一緒に使われている成分を確認したり、様子を見ながら使用するのが良いでしょう。
また、同じブランドの製品でも、製品によって配合されている溶剤などが異なる場合がありますので、一つの製品だけで判断するのではなく、複数の製品の成分を確認することをお勧めします。

かゆみを感じる程度でしたら、頭皮の血行が良くなったのが原因とも考えられますので、様子を見てみて下さい。

発疹ができているようでしたら、使用を中止し、医師薬剤師にご相談ください。

また、発疹ができる位置は塗布した頭皮とは限らないようですので、頭皮以外に発疹ができた場合も、なるべく早めに医師薬剤師に相談した方がよいでしょう。

ミノキシジルによるかゆみ対策は?

ミノキシジル外用薬の主な副作用に、かゆみがあります。
ミノキシジルは血行を良くするのでかゆみが起こりやすいようです。血行が良くなることでのかゆみは止められません。
かゆいからといって、かきむしるのはダメです。頭皮が傷つき、炎症を起こす可能性があります。
かきむしった後に、ミノキシジルの外用薬を使うと、さらに炎症がひどくなる可能性もあります。

血行が良くなることでのかゆみが起こっている場合は、普段血流が悪いところの血行が良くなることでかゆみは起こりやすくなるので、普段から頭皮を柔らかくするようにやさしくマッサージしたりしてやわらかい頭皮にするようにしましょう。

血行以外で考えられる頭皮のかゆみは、ミノキシジル自体へのアレルギー反応の他に、頭皮への浸透をよくするために、ほかの液体と混ぜて作られているので、そういった成分に反応している可能性があります。

明らかに湿疹ができていたり、いつまでもかゆみが収まらないようでしたら、薬剤にアレルギー反応を起こしている可能性があるので、使用を中止し病院で診てもらったほうが安心です。

ミノキシジルでニキビができる?!

ミノキシジルを使って、頭皮にニキビができた…。
ミノキシジルを頭皮に塗った後、頭皮じゃなくて顔にニキビができた!

ミノキシジル外用薬を使用して、最も多くみられる副作用は肌トラブルです。
ニキビだと思っているものは、ニキビというよりも発疹、湿疹ではないかと思います。

「リアップ」の取扱説明書によると、副作用として、発疹、湿疹ができる可能性があることは分かっています。
その原因としては、ミノキシジルであることもありますが、頭皮に浸透しやすくするための他の薬剤が反応して、発疹を引き起こしている可能性もあります。
過去に、化粧品などで肌トラブルの経験のある方は、ミノキシジルの外用薬使用の際は、様子を見ながら使用する方がいいでしょう。

また、塗布部分ではなく、塗布していない場所にも発疹がみられる場合があるようです。
因果関係は明らかになっていませんが、ミノキシジル外用薬を使い始めてから肌トラブルが起こったり、治りが悪い場合は、使用を中止し医師薬剤師にご相談ください。

ミノキシジル外用薬の副作用

「ミノキシジル」は発毛効果が認められていますが、薬なので副作用も気になりますよね。
ミノキシジルの副作用についてみていきましょう。

「ミノキシジル」に関しては、「リアップ」の「使用上の注意」によると
★頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
★頭痛、気が遠くなる、めまい
★胸の痛み、心拍が速くなる
★原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
がみられると副作用のおそれがある、なっています。それぞれ、どういった原因で起こるのでしょうか?

★頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
 ミノキシジルそのものにアレルギーが起こる場合もありますし、ミノキシジルを頭皮に浸透させるために使っている成分が原因の場合も考えられます。以前に、薬やほかの育毛剤、整髪料などで、皮膚のかゆみ・かぶれなどを起こした経験のある方は、使用の際には医師・薬剤師にご相談ください。

★頭痛、気が遠くなる、めまい
ミノキシジルには末梢血管を拡張させ、血圧を低下させる作用があります。頭部の血管が拡張したり、血圧の変動が起こると頭痛がおこると言われていますので、ミノキシジルが頭痛の原因になることも考えられます。ミノキシジル5%程度の外用薬では、全身に作用を及ぼすほどミノキシジルは吸収されないとされていますが、何らかの理由でミノキシジルが影響している可能性も否定できませんので、ミノキシジルを使用するたびに頭痛が起こるようでしたら、医師・薬剤師にご相談ください。
気が遠くなる、めまい、も、ミノキシジルによる血圧低下を否定できませんので、使用を中止し医師・薬剤師にご相談ください。

★胸の痛み、心拍が速くなる
ミノキシジル5%程度の外用薬を通常使用する程度では、血圧低下が原因とみられる胸の痛みや心拍の速さなど、全身に作用が生じるほどの血圧の変化が起こるほど、ミノキシジルは吸収されないとされています。ただし、ミノキシジル使用後に、これらの症状が出た場合は、使用を直ちに中止し、医師・薬剤師のご相談ください。

★原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
外用薬のミノキシジルでは、むくみについての副作用の報告はされていないようですが、内服のミノキシジルの場合は、むくみが副作用として報告されています。降圧剤として開発されたミノキシジルには、血管拡張作用があるため、その作用に関連した症状であると推測されます。
原因のわからない急激な体重増加は、むくみが原因の可能性があります。そのまま使い続けると心疾患が起こる可能性もありますので、直ちに使用を中止し、医師・薬剤師にご相談ください。

ミノキシジルは心臓に影響がある?

発毛作用が認められている「ミノキシジル」。
その発毛剤として、国内で唯一店頭で購入可能なものは、「リアップ」シリーズです。

店頭で購入可能といっても、購入には薬剤師の説明が必要な第1類医薬品となっています。
第1類医薬品とは、以前であれば医師の処方箋が必要であった薬が長期に使用された結果、副作用も少ないことが確認できたものに関して、薬を医師の処方箋なしで買えるようにした医薬品です。(リアップの場合は、処方薬としてではなく、いきなり店頭で販売可能な薬として認可されたダイレクトOTC医薬品になります)
効果の高い医薬品なので、きちんと用法用量を守らないと、副作用が起こりやすくなることも考えられます。

リアップシリーズに添付されている「使用上の注意」を見ると、使用の際に相談が必要な方の中に、「心臓又は腎臓に障害のある人」という記載があります。

ミノキシジルは心臓に作用を及ぼす薬品なのでしょうか?

調べてみると、直接心臓に何らかの作用があるわけではなく、ミノキシジルによる血管拡張作用によって、心臓への負担が大きくなり、胸の痛みや心拍が早くなるといった副作用起こる可能性があります。

用法用量をちゃんと守っていれば、全身に作用が及ぶことはないとされていますが、万が一大量に摂取するなどして大量にミノキシジルが体内に吸収された場合には、ミノキシジルによる血管拡張作用が起こる可能性が否定できないために、そのような注意書きがされています。

ミノキシジルで頭痛が起こる?

ミノキシジルは、発毛効果が認められた薬剤成分です。そのミノキシジルの、副作用と考えられているもののひとつに頭痛があります。

頭痛は、頭部の血管が拡張したり、血圧が変動すると起こるとされています。ミノキシジルには、末梢血管を拡張させ、血圧を低下させる作用があるので、副作用として頭痛が起こる可能性があります。

ミノキシジルを使った後に頭痛が起こるようでしたら、頭痛がミノキシジルの副作用の可能性があり、さらに使い続けると心疾患などの重大な障害が発現する可能性が否定できませんので、医師にご相談ください。

ミノキシジルを使うとかゆみが起こる?

ミノキシジル外用薬の主な副作用に、かゆみがあります。

ミノキシジルはもともと固まりやすい性質があるため、頭皮への浸透をよくするために、ほかの液体と混ぜて発毛剤として作られています。

ミノキシジル以外の成分がかゆみを引き起こしている可能性もありますので、以前に、薬やほかの育毛剤、整髪料などで、皮膚のかゆみ・かぶれなどを起こした経験のある方は、使用の際には医師薬剤師にご相談ください。
また、ミノキシジルを使う前から、頭皮に湿疹やかゆみがある場合は、その湿疹をさらに悪化させてしまうことがあります。さらに、頭皮に湿疹があると、頭皮のバリヤーが十分に働いていないため、ミノキシジルの浸透率が健康な頭皮よりもよくなり、予期しない副作用が起こる可能性もあります。

また、ミノキシジルの外用薬とほかの薬などを同時に頭皮に使った場合、ミノキシジルの浸透率が高まり、副作用が発現することも考えられますので、かゆみや炎症を抑えるために頭皮に薬を塗っている方は、ミノキシジルの外用薬は使用してはいけません。

ミノキシジルでむくみが起こる?

高い発毛効果が認められ、薬として認可されているミノキシジル。薬なので、副作用が全くない、ということはありません。
その中でも、副作用で起こるむくみについて解説したいと思います。

むくみは、水分が細胞と細胞の間に過剰に溜まった状態のことを言います。
それでは、ミノキシジルを使うとなぜ副作用としてむくみがおこる可能性があるのか、そのメカニズムを見ていきましょう。

降圧剤として開発されたミノキシジルには、血管拡張作用があります。血管が拡張されると血管内の抵抗が少なくなり、血行がよくなります。血流が増えると、毛細血管に圧力がかかり、毛細血管に空いている穴から分子の小さい水などが血管の外に押し出されます。
ミノキシジルの血管拡張作用は、心臓から送り出される動脈には血管拡張の作用が働くのですが、心臓へ戻るための静脈には作用しないようですので、血管から押し出された水分が血液に戻りにくくなり、むくみとなって表れるのです。

なお、ミノキシジルの外用薬は外から塗布した部分にピンポイントに浸透するので、自覚できるようなむくみの症状は起こりにくいようです。

ミノキシジルの副作用とは

ミノキシジル外用薬は、日本皮膚科学会による「男性型脱毛症治療のガイドライン」でも「推奨度A 行うよう強く勧められる」に分類されています。ミノキシジルは薬として認可されているものなので、その濃度が高いものほど発毛効果が期待できる反面、薬ですので副作用についても懸念されますよね。

ミノキシジルは、高血圧の治療薬である血圧降下剤の副作用として発毛効果があることから開発された成分なので、逆に考えると、発毛効果を期待してミノキシジルを使うと、血圧が下がる、という副作用は考えられます。ただ、それは、内服薬の話。外用薬で、頭皮に少しなじませる程度、そのうえ、ドラッグストアで買えるような低濃度のミノキシジルについては、健康な人が「ミノキシジル」を使うことだけで低血圧に陥って重大な副作用が起こる、といった報告はされていないようです。
外用薬のミノキシジルについては、低血圧による重大な副作用よりも、塗布した後のかゆみや炎症の方が起こる可能性の方が高いです。皮膚に炎症がみられましたら、使用を中止して病院で診てもらいましょう。

個人輸入などで、日本では市販薬として認可されていない高濃度ミノキシジルの育毛剤や内服薬も購入できるようですが、副作用のリスクも考えて商品を選びましょう。

薄毛抜け毛の悩みは切実で、より効果が期待できる商品を選びたくなると思いますが、体を壊してしまっては元も子もありません。
安全な市販薬を使う、または、AGA治療を行う病院で処方してもらってくださいね。